壁面緑化( 生花・造花・擬岩 )

動画ボックスvideo

動画一覧へ

電子カタログ

壁面緑化とは?

壁面緑化とは建物などの壁を植物で覆うことです。
好きな植物に変更可能 また市販のポット苗を利用する方法が可能なので、お好きな植物を選択できます。
季節ごとに展示する植物を変えたい。そんな希望にもすぐにお答えできるような機能性の高い器材を提供しております。
水流などのコントロールも機能的にされていますので難しい手入れは必要なく、また生花だけではなく造花を利用したいという要望にもお応えできますので是非ニーズに合わせてご相談ください。
本来屋外にあるはずの大自然を屋内に取り入れる、というのはちょっとした非日常的空間を生み出します。
オシャレで雰囲気のいい店舗では、庭園に力を入れているとことも多くあります。もちろん地面を美しい草花で覆われていたり、立派な木が立っているような雰囲気のある庭園は素敵なものです。
それを壁面緑化を用いてさらに立体的にすることにより、さらに美しい庭園を作り上げられると注目されています。
冬期の彼は季節のものなので、植物によっては避けようがありません。そのため壁面緑化を行うときは落ち葉の量なども把握しておき、世話による負担などはしっかり把握しておきましょう。
植物の種類によって落ち葉の量も大きく変わります。世話をあまり必要としないものもあれば、落ち葉が出やすいものもあります。壁面緑化を行うにあたり、世話の少なさを最優先にするか、景観にこだわり多少世話の必要なものを選ぶかなど、打合せ段階でしっかりと決めておきましょう。
また植物や場所の条件によっては窓などに植物が伸びていく場合もあります。ツタ系の植物を用いた時によくある現象です。避けたいもの、取り入れたいものをしっかり相談し、世話ができる範囲の壁面緑化を取り入れてください。
アンカー打設が可能な壁の好きな位置に壁面ちょっかばねるを設置する方法をアンカー式といいます。メリットとして鉄骨などを使用しないためその分コストの削減、故に安価で壁面緑化パネルの設置を行うことができるのです。
打設が可能であれば設置可能なので、平面の壁に簡単に取り付け、壁面緑化を行いたいと考える場合この方法をお勧めいたします。壁面緑化システムの導入で一番簡単な方法なので、その方法をとる方も多いです。
ただこの工法はデメリットもあり、パネル4つを固定するにあたりアンカーを1つ必要とします。そのため大きな壁面緑化を行う場合たくさんのアンカー打設が必要となりますので、建設物の壁にたくさんの穴をあけることになり壁への影響が避けられないものとなるのです
そのためワンポイントのような小さい範囲の壁面緑化ですと十分に美しい演出も行えるためおすすめです。

壁面緑化とは?

屋内壁面緑化とは?

近年壁面緑化は、屋外だけでなく屋内でも導入されるようになりました。
屋外問わず壁面緑化システムは用いることが可能で、ロビーなど人の往来が多いところなどに設置してほしいという希望を多く聞きます。またカフェなどにも大きく壁面緑化システムを設置し、よりおしゃれな空間作りをしている店舗もあるのです。
欲しいインテリアに合わせてパーツを組み合わせることにより、その店内、オフィスの個性をより表すことができ、また屋内なのに大自然を用意することでお客様はもちろんスタッフの心も落ち着かせることができます。
また普段のお手入れを簡略化できるように工夫され、難しい手入れをする必要なく壁面緑化を取り入れることが可能です。 壁面緑化には様々なメリットがありますが、その中でも防音性が注目されており、それを生かして保育園、幼稚園でも導入されています。子供がのびのび過ごすこれら施設では壁面緑化のメリットが活き、近隣への騒音などが問題視されている中役立っています。
空気の浄化作用、リラックス効果を持つ防音壁として用いられ、これらの施設ではデメリットもなる虫の発生は、ひどくない範囲であれば子供の自然学習として活かされるでしょう。また体温調節がまだできない子供の身体にも優しい、自然な体温調節効果で健康な身体作りも手伝ってくれます。
ほかにも乾燥しがちな冬には植物から水蒸気が出るので、乾燥を防ぐ効果もあるのです。冬季の感想は風邪をひきやすくしてしまいますので、まだ体がしっかりできていない小さな子供を、自然の力で守ることができます。
防音、温度調節、適度な湿気、虫など小さな生き物がやってくる、メリットデメリット両方ひっくるめて、壁面緑化は子供に対して優しい設備となるでしょう。

屋内壁面緑化とは?

造花壁面緑化とは?

弊社で開発された“デコプラ”はイミテーションプランツ(造花)を使って壁面を緑化する専用の商品です。 壁面緑化システムは生花を利用することに大きなメリットがありますが。その分虫などの弊害もあります。
自然と調和する上でしかないことではありますが、特に女性の方は苦手な方も多いでしょう。そんな方に向けて増加を用いての壁面緑化システムをオススメしております。
造花特有の劣化などもありますが、水を通さなくてもよい、虫が寄り付かないなどのメリットがあり、潅水システムを気にしての設置ではありませんので場所を選ばず壁面緑化システムを楽しんでいただけます。
生花にもたくさんの魅力がありますが、造花にも生花にはない魅力が多く存在し、主に機能面では造花のほうが勝っている点もあるのです。
造花のクオリティも年々上がっており。触ってみるまでは生花と区別がつかないほどのものも多いです。ご自宅でも人工樹木によるインテリアを楽しまれている方も多いかと思います。
壁面緑化のオプションの中に壁面緑化用に作られた擬岩があります。擬岩はFPR材で作られており、FPR材はとても強度があり形をリアルに再現することができます。また中が空洞になっているのでとても軽量に作られています。
壁面緑化に擬岩を取り込むことでデザイン性の優れた壁面緑化が簡単にできます。迫力のある装飾には欠かせないアイテムです。

Decoplaとは? 弊社で開発された“デコプラ”はイミテーションプランツ(造花)を使って壁面を緑化する専用の商品です。