壁面緑化について 600*20 ①壁面緑化システムとは 店のインテリア、わが企業の顔となるエントランス、そういったところにはやはり特にインテリアに凝りたいものです。 近未来的なインテリアもいいものですが、全ての原点となるのが緑。花を生けるのももちろんですが、それよりもさらに特化したものが壁面緑化システムです。 より緑を多く取り入れ、そして手入れも簡単にできる壁面緑化システム、いまこれが注目を浴びています。 具体的にどんなものかといいますと、壁に大自然を生けるようなもので草花だけではなく岩などもセッティングすることにより見た目のバリエーションが大きく増えます。 ほしいインテリアにあわせてパーツを組み合わせることにより、その店内、オフィスの個性をより表すことができ、また室内なのに大自然を用意することでお客様はもちろんスタッフの心も落ち着かせることができます。 また普段の手入れを簡略化できるよう工夫され、難しい手入れをする必要なく、壁面緑化を取り入れることも可能なのです。 壁面緑化をより美しく、そして手入れしやすいものにするためには優れた機材が必要で、これらを開発しているのが伊藤商事です。 より利用しやすい壁面緑化システムを目指し、完成度の高いインテリアをご提供しております。 カセット式にすることで細かな変更も利き、それでいて水を全面にしっかり通すような機能でいつまでも青々としたインテリアを維持することができるのです。 機能性抜群の壁面緑化システム、様々な場所への設置が可能なので気になられましたらお気軽にお問い合わせください。 ②好きな植物に変更可能 また市販のポット苗を利用することが可能なので、お好きな植物を選択できます。季節ごとに展示する植物を変えたい、そんな希望にもすぐにお答えできるような機能性の高い機材を提供しております。 植物も設置時のものをずっと置いておくことは出来ず、枯れてしまったものの交換、そして季節を表現する為には植物の植え替えは必須となります。 季節感と関係のない青々とした植物も魅力ですが、その季節にあわせたインテリアというものは一つ上のランクのものとして見る人の心を和ませることでしょう。 屋内屋外問わず壁面緑化システムは用いることが可能で、ロビーなど人の往来が多いところなどに設置して欲しいという希望を多く聞きます。 またカフェなどにも大きく壁面緑化システムを設置し、よりおしゃれな空間作りをしている店舗もあるのです。 植物を使ったインテリアの人気は変わらず根強いものです。ワンポイントで設置するのもおしゃれで、大きく壁面緑化システムをとりいれると、圧巻の一言に尽きる立派なインテリアが完成いたします。 水流などのコントロールも機能的にされていますので難しい手入れは必要なく、また生花ではなく造花を利用したいという要望にもお答えできますので是非ニーズに合わせてご相談ください。 本来屋外にあるはずの大自然を屋内に取り入れる、というのはちょっとした非日常的空間を生み出します。 グリーンカーテンなどにも注目されている現代、このような壁面緑化システムを取り入れたいと考える企業は増加傾向にあります。 ③造花を利用しての緑化 壁面緑化システムは生花を利用することに大きなメリットがありますが、その分虫などの弊害もあります。 自然と調和する上で仕方ないことではありますが、特に女性の方は虫が苦手な方も多いでしょう。 そんな方にむけて造花を用いての壁面緑化システムをおすすめしております。 造花特有の劣化などもありますが、水を通さなくてもよい、虫が寄り付かないなどのメリットがあり、灌水システムを気にしての設置ではありませんので場所を選ばず壁面緑化システムを楽しんでいただけます。 屋内では店舗内のダイナミックな演出に、屋外でもおしゃれな目隠し、導線計画など機能的な面でも活躍いたします。 人が行き来するところにこの造花による壁面緑化システムを取り入れ、早々劣化しない美しい緑を保つことが可能なのです。 虫の発生で特に困る病院、レストラン、またショーケース内などメンテナンスが出来ないところによく造花は用いられ、生花とまた違った用途として用いられています。 生花にもたくさんの魅力がありますが、造花にも生花にはない魅力が多く存在し、主に機能面では造花のほうが勝っている点もあるのです。 造花のクオリティも年々上がっており、触ってみるまでは生花と区別がつかないほどのものも多いです。 ご自宅でも人工樹木によるインテリアを楽しまれている方も多いかと思います。 いつでも青々とした造花により壁面緑化システム、どこにでも設置できるという大きなメリットがありますので気軽に手を出すことが可能です。 ④壁面緑化によるメリット 屋内緑化、屋外緑化とありますが、屋外緑化は機能的な面でも非常に優れています。 目隠しや、順路の整備などに導入されていますが、壁面に関しましては遮光、断熱などエコの観点でも多用されているのです。 太陽の光を和らげることで特に夏場は建物内を快適に保ちやすく、過度なエアコン利用を抑える結果となっています。 壁面緑化ももちろんですが屋上緑化も同じような機能を果たしており、サーモグラフィーで観察しても低い温度を観測していることが立証されました。 夏場の強い日差しは、そのまま直射していると壁や屋上を焼き、室内まで熱を通してしまいます。 しかし、これら緑化を行っていると鮮やかな外観と快適な温度調整が得られるのです。 照り返しなども防ぐので、より美しく快適な散策をできる空間を作り出すことも可能です。 コンクリート、アスファルトが多用されている都会では特にこれら壁面緑化システムは役立っています。 エコに注目されている現代、この壁面緑化システムは一端を担っているともいえるかもしれません。 また緑にはリラックス効果があり、ストレス解消に繋がる、空気の浄化作用、建築物自体の保護といった効果も期待できるため、メリットが非常に多いものとなっています。 外見のよさだけではなく、機能面でも非常に優れている壁面緑化。それを簡単に運用できるように機能面も最高峰のシステムを作り出されています。 普段の手入れも簡単に行え、水も通しておりますので植物の維持が非常に楽になっています。 ⑤壁面緑化の構造 壁面緑化システムの設置方法は複数あり、それぞれにメリット、デメリットがあります。 ますアンカーで固定する方法、こちらはアンカーを打設可能な場合、コンクリート壁でも設置することが可能です。 次にC型鋼を用いた設置方法、こちらはアンカー打設数を極力減らすことが可能であり、また建築壁に凹凸があっても設置が可能となります。アンカー打設数が少ない分建物への負担を減らせます。 最後に自立式壁面緑化システム、こちらは建造物に一切の傷をつけることなく設置が可能で、大型の壁面緑化に大変適しています。 また曲面を作り出すなどさらに自由度がましますので、空間演出の選択肢を増すことが出来るというメリットもあるのです。 片面だけではなく両面に植物を飾ることもでき、より美しい演出が期待できるので壁面緑化に力を入れたいとお考えの方に非常に人気のものとなっています。土木工事が必要となりますが、その分本格的な壁面緑化システムを設置可能であり、もともとの建物に一切傷をつけたくないけれど、立派な緑化システムを用いたいとお考えの企業におすすめです。 工事期間が必要なものとなりますが、その分立派なものができあがり、大きなものとなるとその外観は圧巻となるでしょう。 このようにさまざまな設置方法がありますので、既存の建設物に合った方法をお選びいただけます。コスト、スペース、演出に合わせて最適な設置方法があります。 ⑥レンタルも可能! 壁面緑化システムはずっとその場に設置する目的のもの以外にイベントで使う立体花壇など、一時的に設置したい壁面緑化システムのためにレンタルも行っております。 複数の立体花壇を設置しての場内演出は非常に華やかで、とくに花をテーマにしたイベントで大活躍となります。 レンタルなのでそれ以降の保管が必要なく、管理、保管の負担もございません。コスト面でもレンタル品ということで本格的な設置に比べ大幅に予算にも優しく、それでいて迫力ある花飾りをご提供できるようになっています。 また鮮やかな立体花壇は人を寄せ付ける効果もあり、集客の為の利用としてイルミネーションとの併用も行い、集客効果が期待できるのです。 もちろん器材のみのレンタルも、植物と一緒にレンタルも可能です。設置、運搬、施工は自分ですることで予算をさらに抑えることもできますし、また全てを委託することも可能な為、イベント準備のスケジュール、予算に合わせて壁面緑化システムをレンタルできるようになっています。 購入しての設置よりもはるかに手軽であり、また短期間で設置も可能です。打ち合わせ段階で細かい注文も行えますので、レンタルとはいえ非常にクオリティの高い壁面緑化システムを用いることが出来るのです。 イベントは短期間の開催ですが、すこしでも華やかに行いたいものです。そのためにも立体花壇などで場内を華やかにするのがとても人気です。夜に設置するとイルミネーションとの併用でより華やかにすることも可能です。 ⑦アンカー式のメリット、デメリット アンカー式とはアンカー打設が可能な壁の好きな位置に壁面緑化パネルを設置する方法を言います。 メリットとして鉄骨などを使用しないためその分のコストを削減、ゆえに安価で壁面緑化パネルの設置を行うことが出来るのです。 打設が可能であれば設置可能なので、平面の壁に簡単に取り付け、壁面緑化を行いたいと考える場合この方法をお勧めいたします。 壁面緑化システムの導入で一番簡単な方法なので、この方法をとる方も多いです。 ただこの工法はデメリットもあり、パネル4つを固定するにあたりアンカーを一つ必要とします。 そのため大きな壁面緑化を行う場合たくさんのアンカー打設が必要となりますので、建築物の壁にたくさんの穴をあけることになり壁への影響が避けられないものとなるのです。 そのため大きな壁面緑化パネルを設置する場合は建築物の耐久度を考え、他の工法を用いるほうが良いとされるときも多いです。 低予算で設置したい場合非常におすすめの工法なので、建造物の状態と相談の上アンカー式での設置をご利用ください。 ワンポイントのような小さい範囲の壁面緑化ですと。十分に美しい演出も行える為おすすめです。 美容室、カフェなどあまり大きな壁面緑化を必要としないところでは、このアンカー式を利用し、店内に美しい植物を簡単に設置することが出来ます。 小さな店舗にも利用しやすいものとなっていますので、個人経営で店舗を構えていらっしゃる方に特におすすめです。 ⑧C型鋼式のメリット、デメリット C型鋼での工法はアンカー打設数を減らせる広報となっており、大型の壁面緑化オアネルを設置するときに適しています。 また、C型鋼をかませることで凹凸がある壁にも壁面緑化パネルを簡単に設置できるようになり、より自由度の高い壁面緑化システムを導入すること可能です。 また壁とパネルの間に隙間が作られることで壁への影響が減らせる為、既存の建物に優しい工法ともいえます。アンカー打設数を減らすことで、将来的に壁面緑化システムの撤去、移動などがあっても、修繕の手間も軽減できるでしょう。 鉄骨構造の建築物にも設置可能という特性もあるので、選択幅が多いというのも魅力です。 オフィスの顔であるフロントなど、大型の壁面緑化などを導入する場合、このC型鋼を用いた工法をおすすめしております。 デメリットというと、直接壁に貼り付けるアンカー式とは違い、C型鋼が必要となる分料金は割高となります。設置する方法として、壁の凹凸などで不可能となる部分が緩和される分、それだけ部品は必要となります。ですが壁に設置四手での壁面緑化で、大型なものを設置することが出来るというのは、それだけ空間演出を圧巻なものにできるというものです。 店の看板に用いる、植物園の入り口、会社のエントランスなど、人目につくところにおく壁面緑化は大きなものが多いです。その設置を可能にしたのがこのC型鋼を利用した工法なのです。 壁を飾る工法として大きな可能性があるものなので、企業、店舗問わずこの方法を用いているところは多いです。 ⑨自立式壁面緑化システムのメリット、デメリット 自立式壁面緑化システムは大掛かりな設備として、最高ランクのものともいえるでしょう。壁を必要としないものなので、基本的にはどこにでも設置が可能であり、また曲面などでさらに表現の幅が広まるという特性もあります。 完全自立式なので壁を使って支える必要がないこの工法は、両面の壁面緑化も可能で、より植物の演出を華やかにしてくれるでしょう。 曲面もつかえるとなると、円柱型などオブジェとしてのクオリティが上がり、多くの人は往来する場所でより人目をひく演出をしてくれます。 デメリットとしては土木工事が必要となり、基礎コンクリートの設置などの作業が加わります。そのため費用はもっとも高価となります。 ですが、より壁面緑化を生かした演出をしたいなどとお考えの方も納得のいく設備となり、大規模な壁面緑化を作るとき、この工法は適しています。 そして何より建物を傷つけることなく設置ができますので、既存の建築物への負担がなく豪華な壁面緑化を行えるメリットは見逃せません。 壁面緑化でより人目をひき、集客を伸ばしたいなど、さまざまな理由で自立式による大きな壁面緑化は行われています。 植物園などは特にこのような自立式の大きな壁面緑化が活躍するため、立体花壇の建設などにもこの工法を選択されるお客様が多いのです。 工賃はかかりますし、設置日数もかかりますが、植物による演出を大事にしたいとお考えの方に是非おすすめしたいものとなっております。 ⑩向いている植物 美しい壁面緑化を行うにはやはり不可欠なのが植物そのもの。儚い花も素敵かもしれませんが、壁面緑化に用いられる植物のほとんどは成長欲がある植物が用いられます。 常緑であるヘデラ類などがその代表で、特に高さが3M以上になるものの場合ヘデラを基本とし、他に成長が早い植物を混植するのをおすすめいたします。 植物によっては美しい花を長く咲かせてくれるものもあり、そのような植物は非常に壁面緑化に剥いています。 植物が美しくなければそのものが成り立たない仕組みとなってしまいますので、適した植物を植えるのがよいでしょう。 花にもさまざまな色合いがありますので、緑一色などが好まれない場合でもそれらの花を用いれば美しい壁面緑化を楽しめます。 もちろん季節によって花が咲く時期が異なりますが、四季によって壁面緑化の表情を変えてくれます。 日本のように四季がはっきりした国での醍醐味である、四季の移り変わりを壁面緑化でも再現できます。 植物を利用するので、生育期間も必要なものもあります。ですが依頼を行う場合、そのあたりもしっかり考慮され、施工完了と同時に美しい壁面緑化に仕上げてくれるのでおすすめです。生育欲の強い植物ですと、時折剪定なども必要かもしれません。ですが、毎日変わらず美しい緑を維持してくれます。 カセット式ですと誰でも簡単に植物の植え替えも出来ますので、好みで壁面緑化のデザインを変えるのも良いでしょう。小さな壁面緑化ですとなおのことそれが可能です。  ⑪壁面緑化における虫、湿気の発生 壁面緑化でどうしても避けられないのが虫の発生で、時には害虫が発生し葉っぱを食べてしまうことすらあります。もちろんこれら虫の発生は薬品で抑えることも可能ではありますが、近所への迷惑、自分たちの身体への影響を考えると薬品の使用は最低限に抑えるべきものです。 植物を多く使用する壁面緑化はどうしても虫の影響を受けやすいものです、造花での飾りだけの壁面緑化もありますが、それですと壁面緑化で得られる本来のメリットは生じないでしょう。 壁面緑化を利用する場合はやはり虫害を念頭においておくようにし、それが嫌ならば壁面緑化は諦めるほうがよいかもしれません。 飾りだけでもほしい、しかし虫の発生は抑えねばならない病院やレストランでは、対応策として造花を利用しています。機能面では確かに劣りますが、観賞用としてのリラックス効果、ストレス緩和効果は十分に期待できるでしょう。 見目美しい景観を作れますので、造花の活用も一つの有効な手段ともいえます。 植物は他に、日陰になりやすい家では家の壁などに湿気がこもる場合もあります。 日当たりなどで設置時に業者と打ち合わせがあり、日陰を事前に避けることは十分に可能です。湿気はやはり建物に悪影響を与えることも多いので、そのあたりを把握して壁面緑化を導入するのをお勧めいたします。 プロのアドバイスのもと、どういった壁面緑化を導入するかを決め、緑による心穏やかになる空間を作り上げてください。 ⑫メリットの分手間も必要 壁面緑化は植物を使うものなので、水をあげなくては枯れますし、寒い時期ですと落ち葉もあります、自然のものなのでそれらは覚悟の上で壁面緑化をするのをおすすめいたします。 もちろんメリットの大きい壁面緑化、しかしその分普段の手入れも重要になってきますので、きちんと手入れ方法を指南しておいてもらいましょう。 水に関しては灌水システムで自動化が可能となっていますが、その分費用はかかりますのであらかじめ見積もりを出しておくのがよいでしょう。 ですが冬季の枯葉は季節のものなので、植物によっては避けようがありません。 そのため壁面緑化を行うときは落ち葉の量なども把握しておき、世話による負担などはしっかり把握しておきましょう。 植物の種類によって、落ち葉の量も大きく変わります。 世話をあまり必要としないものもあれば、落ち葉がでやすいものもあります。 壁面緑化を行うにあたり、世話の少なさを最優先にするか、景観にこだわり多少世話の必要なものを選ぶかなど、打ち合わせ段階でしっかりと決めておきましょう。 また植物や場所の条件によっては窓などに植物が伸びていく場合もあります。ツタ系の植物を用いたときによくある現象です。 避けたいもの、取り入れたいものをしっかり相談し、世話が出来る範囲の壁面緑化を取り入れてください。 水の量などの把握も本来しなくてはなりませんが、灌水システムを利用することで自動化することが出来ますのでとてもお世話が楽になります。高さがある壁面緑化などはこのシステムがほぼ必須だといってもよいでしょう。 ⑬保育園、幼稚園でも! 壁面緑化には様々なメリットがありますが、その中でも防音面が注目されており、それを活かして保育園、幼稚園でも導入されています。 子供がのびのび過ごすこれら施設では壁面緑化のメリットが特に活き、近隣への騒音などが問題視されている中役立っています。 空気の浄化作用、リラックス効果を持つ防音壁として用いられ、これらの施設であればデメリットともなる虫の発生は、ひどくない範囲であれば子供の自然学習として活かされるでしょう。また体温調節がまだできない子供の身体にも優しい、自然な温度調整効果で健康な身体作りも手伝ってくれます。 他にも乾燥しがちな冬には植物から水蒸気がでるので、乾燥を防ぐ効果もあるのです。 冬季の乾燥は風邪をひきやすくしてしまいますので、まだ身体がしっかりできていない小さな子供を、自然の力で守ることが可能です。 防音、温度調節、適度な湿気、虫など小さな生き物がやってくる、メリットデメリット両方ひっくるめて、壁面緑化は子供に対して優しい設備となるでしょう。 運営側としても紫外線による建物の劣化を防ぐことが出来るので、管理費の面と、温度調節の効果から空調にかかる電気代の削減も期待できます。 コンクリートに囲まれたなかよりも、自然もしっかり学べる環境というものはとても貴重です。都心に近い場所ですと尚更、自然と接する機会として大事なものとなるでしょう。 壁面緑化を活かす環境として保育園、幼稚園は最適です。 ⑭壁面緑化システムでよりエコな暮らしを 防音、温度調節、乾燥の防止、様々な効果を期待できる壁面緑化は虫の発生や落ち葉など注意すべき点はあってもメリットのほうが圧倒的に多いものです。 特にエコに注目されている現代、壁面緑化を行おうとする店舗、企業は多いものです。 やはり建物を持っていると気になるのが管理面で、空調、加湿器にかかる電気代、建物の劣化が起こればそのたびに修繕費もかかります。これらを自然の力で緩和できるのが壁面緑化で、また成長欲の強い植物を植えることで剪定が必要なくらいに葉を茂らせ続けます。 もちろん余りにもうっそうとしすぎると景観が悪くなりますが、きちんと剪定した壁面緑化はメリットを生む面のほうが多いものです。 灌水システムを導入することで水遣りの手間も減るのでより維持がしやすくなり、地球に優しい施設として機能するでしょう。 エコに注目されている今、緑を大切にする設備を使用している施設には緑化助成金を出している地域もあるようです。屋上緑化、壁面緑化、ともにこうして政府が促進している面もあります。もともとは地面の緑化のみ適用だったそうですが、近年壁面などもその適用内になったので、壁面緑化を取り入れる企業が増えているそうです。 緑化システム自体メリットが豊富で、景観のよさをアップさせてくれますので、取り入れない手はありません。 地球温暖化で年々猛暑となっていく夏季にも、この緑化は暑さを緩和する非常に役立つ設備なので是非取り入れてください。 ⑮造花による室内の壁面緑化 壁面緑化にはたくさんの使い道があり、メリット、デメリットがあります。 メリットのほうが断然多いのは確かですが、生花特有の悩みとして虫や湿気の問題があります。 壁面緑化を外に行う場合対応策が取れますが、パソコンなどが置かれているオフィスに行う場合はどうでしょう。 水遣りもやはり容易に行うことは出来ませんし、植物からでる水蒸気は電子機器には大敵となってしまいます。 このときに役立つのが造花で、世話を必要とせず設置も簡単、そして疑岩を用いればまた違った印象を与えることができます。 電子機器が多く用いられる現代、モニターの飾りつけなども行うことがあります。 その場合生花を用いると水蒸気等で機器に悪影響を与えてしまうことも十分にあるでしょう。 ですが造花を用いることでそのリスクをなくし、電子機器がたくさんある場所でも壁面緑化を楽しむことができるのです。 エコの観点でメリットが多い壁面緑化ですが人間の精神にも大きなメリットがある壁面緑化は、人の目をひきストレスの緩和をしてくれる効果があります。 そのため社員が働くオフィスなどに用い、少しでもリラックスできる環境を作るのに適しているのです。仕事の効率上昇に社員の健康状態は重要です、少しでもリラックスできるような環境を作りストレスを緩和できるような職場作りは経営者にとって為すべきものでしょう。 造花を用いると影響は少なく色彩によるリラックス効果が得られますので、美しいオフィスの演出にご利用ください。 ⑯手入れの負担を軽減するシステム 水遣りの手間を大きく軽減してくれるのが灌水システムで、均一水を行き渡らせるという手作業ではなかなか難しいことを自動で行える画期的なシステムとなっています。散水は なかなか均一にいきわたらせることができませんでしたが、独自で開発した灌水チューブを用いることで、この問題点を克服することに成功、確実な灌水をお約束できるようになりました。 これによりいつまでも青々とした植物を根腐れさせることなく維持しています。また液肥も万遍なくいきわたらせられるようにシステムを作り出し、植物を維持する手間を大幅に軽減させることに成功しています。 他にも工夫として専用の保水スポンジで土の流出、乾燥を防ぐ為、メンテナンスが用意で手軽なものとなっています。 大型の壁面緑化になればなるほど、メンテナンスの負担はかかるものです。 ですが独自で開発したシステムにより、利用者のサポートを行って大きく負担を軽減させることができるようになっています。 全てのジョイントパネルにチューブを配管し、植物全てに確実に吸水できるシステムを伊藤商事は用いております。完全自動灌水システムは20年以上の実績がある確実なものであり、日本だけではなく世界各国で利用されているものです。 この実績もあり、より維持のしやすい、世話の負担が少ない壁面緑化をお約束しております。 何度も失敗があり、そのたび改良してきて20年、その経験から最も適した方法の壁面緑化と的確な灌水システムをご提案できるでしょう ⑰専用鉢を用いるカセット式 伊藤商事では専用鉢を利用したカセット式の鉢を利用しています。 土と鉢の間に保水スポンジを入れ、土の乾燥や流出を防ぐ役割も果たせるようになっております。 このカセット式の鉢には大きなメリットとして、市販の植物を壁面緑化に利用できるのです。 植え替えも簡単で動画でも紹介されていますが誰にでも出来る簡単な作業で壁面緑化に用いる植物を変更可能となっております。 一鉢単位で植物の入れ替えができるため枯れている部分を取り除き、新しい植物に植え替えたい。 また季節の植物を取り入れたい、そんなときでも自由自在に施工できるようになっています。 専用の植物でなくても市販苗を購入し、好きな植物を植えることができるのはとても自由度が高く、壁面緑化の利用における選択肢が広がります。 一つの植物を張り巡らせるというのもそれはそれで圧巻なものですが、多品種を植えての壁面緑化は非常に鮮やかです。 自然だけでは作り上げられない造形美も人の手が加わることでイメージを具現化することも可能でしょう。 人の手をより加えやすい、その点でもカセット式は画期的なものとなっております。一株ずつの植え付けは細かい調整も利きパネルに設置するときも特別な工具は必要なく、ワンタッチで設置が可能となっています。 もちろん取り外しにも工具は必要がないので、手でそのまま設置、取り外し両方が行えるようになっております。 パネル、灌水システムなどを設置してしまえば後は簡単なメンテナンスのみなので、利用者様の負担は大きく軽減されるでしょう。 ⑱庭園をワンランク上のものに 壁面緑化により、もともとこだわられている庭園をワンランク上のものにすることも可能です。 オシャレで雰囲気の良い店舗では、庭園に力をいれているところも多くあります。 もちろん地面を美しい草花で覆われていたり、立派な木が立っているような雰囲気ある庭園はすてきなものです。 それを壁面緑化を用いてさらに立体的にすることにより、さらに美しい庭園を作り上げられると注目されています。 植物園、イベントなどでも用いられるもので立体花壇というものがあります。 柱を作り出しそれに壁面緑化を施し、その柱自体を花壇とするものです。 もちろんしっかりとしたものを作るとなると費用も相当で、システムも大がかりなものとなりますが、庭の手すり、ベンチの一角などに壁面緑化を用いるだけでも随分印象は変わることでしょう。 壁面緑化は大型のものしか受注不可というわけではけしてありません。 街のカフェや美容室などでも有効活用されるべきもののため、小さな壁面緑化ももちろん承っております。 看板の緑化な小面積の緑化から承っており、小面積でも十分に人目を引くような壁面緑化をご提案できるでしょう。 それと同様に、すてきな庭園がある店舗という印象をより強く植え付けるような立体花壇を作り出し、雰囲気ある空間を作り出すことが可能です。 平地に咲かせるだけではなく、壁もひっくるめて自然いっぱいな庭園を是非作り出してください。そのサポートを任せていただけるのが伊藤商事です。 ⑲スイッチ操作不要、灌水完全自動化 灌水システムはお世話の手間を大きく軽減してくれるものなので、壁面緑化を行う場合不可欠ともいえる仕組みとなっています。 全てのパネルに水が通るシステム、ですがこれだけでは完全自動化とはいえません。 もちろん灌水システムが働くよう作動するのも自動化できており、決まった時間に散水が始まるようになっています。 また一番下には水うけが設置しているのでその下の地面への影響もないので、一切の手間なく普段の手入れは行えます。 枯れてしまった箇所も簡単に交換できますので、メンテナンスも簡単。カセット式でなくても棚の様な形のものもあり、それですと市販の植物をそのまま入れておくだけで済みます。 ここまで自動化されていると、利用者の負担はほぼないものに近く、日常生活が忙しい家庭にも壁面緑化を取り入れることが可能で、植物が好きな方ですと中庭などに導入も十分に考えることが出来ます。 また水道水だけではなくポンプで井戸水を引き上げて散水することができ、元ある設備を無駄にすることなく壁面緑化を活かすことができるでしょう。 もちろん温度調節の機能もお墨付きなので、夏の暑い日でもより住みやすい家庭を作ることが十分に可能です。 冷やしすぎる空調を使うのも軽減できますので、小さなお子様がいる家庭に特におすすめしたいものとなっております。 基本企業や店舗がこれら壁面緑化を利用していますが、一般家庭にもメリットがありますので、興味がある方は是非一度、伊藤商事までお問い合わせください。 ⑳壁面緑化は学校にも 小学校での壁面緑化で主に植えられているのが朝顔、ヘチマ、ゴーヤなどではないでしょうか。 壁面緑化は植物を用いてのものということで、もちろん観賞用植物だけではなく実際収穫して利用できる野菜なども利用できます。 美しいものが多いので、やはり観賞用のものとして利用されることのほうが多いですが、学習の一環としてこれら観察、収穫が出来る植物も用いられることがあります。 企業や店舗だけではなく、壁面緑化は子供たちの教材にもなりやすく、学校との相性も非常に良いです。手間があまりかからないという点、つるの伸びのよいこれら植物は壁面緑化の環境面での機能性を維持したまま、子供たちの学習に直結するものとなり教材としても活躍するでしょう。 教材として使う壁面緑化と分けて、校内の景観として壁面緑化を使う場合ヘデラなど多年草、常緑樹の扱いのものを使うことが多いです。本格的に景観のよさに力を入れる場合、灌水システムなども利用したより高度な壁面緑化システムを導入することで、校内を華やかにできるでしょう。 自然との調和を意識している現代、都会でも植樹など緑をふやす活動が増えています。 都会の中にも立派な壁面緑化を取り入れ、環境問題やエコに取り組んでいるところも多いです。それらの活動が行いやすいようにより良いシステムをご提案し、手入れのしやすい美しい壁面緑化を行えるように伊藤商事はサポートを行っております。 ご希望であればデザインプランターなどもご用意が出来ますので、ニーズに合わせて緑化を行うことが出来ます。